月別アーカイブ: 2007年5月

シナジェティクスを学ぶ

包括主義者バックミンスター・フラーを理解する
最良の方法とは何かと聞かれたら、
シナジェティクスを学ぶことだと答えるだろう。

なぜなら、自分のことは最後に考える習慣ができてくるからだ。
それは、何かを学ぶ学生のなかで、もっとも異なる傾向が芽生える。
例えば、独創性、
つまりサバイバル技術だ。
デルス・ウザーラのような知性だ。

テンセグリティ・モデルの作り方

テンセグリティ・モデルの設計方とその制作には、
その人のテンセグリティの概念の理解の深さと
エンジニアリング(engineering)のほとんどすべてが表れると考えてよい。
構成要素の単純さとその相補性から生じるために
人為性から定義するデザインの限界が、すべて見えてしまうからだ。

エンジニアリングとは内部に生じさせる巧みな処理力である。
内部から生じるこのベクトルを無視したり、
テンセグリティ概念をその起源からの理解を軽視すると、
骨と筋肉と言った生物的アナロジーや
非連続の連続と言った量子物理的アナロジーで満足することになる。
さらに反家父長的社会構造といった社会学にまで拡張すると、
すべて純粋な存在が具体性に置き換えられていく過程で生じる重大な誤謬について
無視できなくなるだろう。
なぜなら、発見者と発明者( 1927年のバックミンスター・フラー以上には遡れない)は、
そのようなアナロジーとはたいてい無関係に発見または発明をしているという事実である。

ではいったい何に触発されてそれが可能であったのか。
私には、人間のデザインを越えたテクノロジーを受け入れているか否かで
エンジニアリングのベクトルの向きが決定されているとしか思えない。
内部へか外部へかである。
内部が enginneringならば、
外部は exgineeringが対応するが、辞書には存在しない言葉である。

テンセグリティ・モデルほど作る人のエンジニアリングの度合いを表すものはない。
そして多くのデザイナーがテンセグリティモデルに挑戦するが、
主にexgineeringの度合いを高めたデザイナーは、
伸度の高いテンション材を選ぶだろう。形態だけは急いで複製できるからだ。

テンセグリティ・モデルは高度な単純さと高潔さを具現する。
『コズモグラフィー』を代表する原理モデルだ。
けっして高級なコーヒーテーブルに甘んじることはないだろう。
テンセグリティは人類の2億戸の住居のために生まれたのだから。

プライムデザイナー

「学を為すは日に益す。道を為すは日に損ず。
之を損じてまた損じ、以って為す無きに至る。
為す無くして而も無さざるはなし。 」老子

フラー的メタフィジクスの
do more with less は、
老子的メタフィジクスでは、
do everything with nothing
に極限化される。
老子は、最初のプライムデザイナーだ。

テンセグリティ・ビレッジ

オールドマンリバーズ計画(1972)では、
土地と住宅はもはや所有ではなく、エネルギーの一つの美しい受容器であり、
エネルギーの変換器であった。
だれも自分だけの空間にお金を支払ったりしない、
最初の無線、無柱、無管の都市空間だ。
(現在の光ファイバーは19世紀的な有管テクノロジーである。)
70年代に構想されたこの宇宙船地球号のクレーターが、
透明な被膜を支えるテンセグリティ構造によって覆われた瞬間に、
インダストリーが生んだ詩人のビジョンは永遠に極限化されたに違いない。

シナジェティクスキャンプでは、可能な限り
講座生による自主デザインを採用する。