月別アーカイブ: 2007年8月

超軽量テンセグリティ・シェルター

予測されたように台風は巨大化している。
風速40mで人間は歩行できないばかりか、
空中に飛ばされてしまう。

時速200キロで走行する自動車は
約風速60mの風の抵抗を受ける。

しかし、風速120mの風でも吹き飛ばされない超軽量シェルターはデザインできる。
この構造にはテンセグリティ・システムのみが採用される。

圧縮材にはつねに圧縮力が、
張力材にはつねに張力がかかるようにデザインすることはテンセグリティの基本だ。
この場合に使用されるテンション材は、
弾性のあるゴム材などではないことは実験で確認できる。

出生率

21世紀の人口爆発は農村部ではなく都市部での貧困層で起こっている。

バックミンスター・フラーは、ワールドゲーム理論による長期的な統計調査で、
電気エネルギーの利用度の向上にしたがって、
出生率は低下することを発見した。

地球が自転している以上、地球の反対側では
交互に彫像できない電気エネルギーが捨てられている時間帯がある。
そして、人口爆発を制御するためのもっとも優先されるべき効果的な方法として、
全世界の農村と都市で、電気エネルギーの利用度を向上させる
全世界的な球状エネルギー・ネットワークの構築を提案した。

都市部に集中する33億人のなかで、より急増していく貧困層の人々は
つねに家賃と電気料金を支払うことができない。
出生率の低下のための手っ取り早い手段として
避妊具を無料配布することではないことは明らかだ。

しかし、国連では、最近人口の制御のために
住宅と避妊具の提供を計画している。

エネルギー・ネットワークの分断状態は、人口爆発の原因であるばかりか、
二酸化炭素の増加そのものだ。

そして、エネルギーネットワークの統合によって、
原子力発電所の建造はいっさい不要となるという
30年前の予測的デザインサイエンスの包括的解決方法は
ますます意味を持っている。

そしてこれが『自己エコロジー』(仮題)の主題である。

テンセグリティ(tensegrity)vs包括的進化論

バックミンスター・フラーはシナジーという言葉をつくったのではない。
薬学の専門用語に註釈を加えたわけでもない。
シナジーという概念を証明する物理的なシステムを発見したのである。
包括的デザイナーは科学者や哲学者よりも前に
普遍的な可視的「構造」を発見したのである。
それ以後のアカデミックな「包括的進化論」哲学のすべては
シナジーの註釈にすぎなくなった。

しかし、彼らはテンセグリティをシナジーの物質化とは考えていない。
彼らの書斎にいまだにテンセグリティモデルがない理由である。

包括的かつ洞察的デザイン

マグニチュード7.2(阪神大震災時)程度で破壊される
駐車中の自動車や飛行場に待機している航空機は存在しない。

そして、それらに耐震装置は付加されていないことに気づくだろう。
それらは、重量やコストが増加する建築テクノロジーから
構造がデザインされていないからだ。

包括的にしか生命を安全に移動させる道具を
デザインすることはできない。

ではなぜ静止した建築物が安全にデザインできないのか。
人々はまだ固体的な概念の牢獄にいるのだ。

そして、構造以上により包括的な地球環境を
どのように解決できるのか。

それを解決できるのは、少なくとも建築家ではないだろう。
バックミンスター・フラーが建築家でなかったように。
そもそも彼は建築家のライセンスを一生取得しなかったのは
包括的で洞察的な仕事に必要なかったからだ。

そしてデザインサイエンスのライセンスは
許認可の記号体系を支配する権力側からはけっして
発行されないだろう。

クリティカル・パスの定義

クリティカル・パスの定義は、モデル化可能だ。
クリティカル・パス方から
do more with lessの構造を排除した場合、
リダンダンシーを過剰にした機械的な最長経路のフローチャートにすぎない。

効率と速度を最優先した直線的な擬似クリティカル・パス方の特徴的な
結果である。
それは、グローバリズムに巻き込まれ、巧妙に分断された証拠でもある。