月別アーカイブ: 2009年6月

直観

磁界の中を移動するだけで、
コイルに電流が流れるように、
地球上の生命の偉大なエコロジカルな再生力を
枯渇させ不快にさせない
唯一の電磁誘導的に形成される思考回路。
この場合、磁界自体を移動させるか、コイル自体を移動させるかの選択がある。

この非論理的な回路に接近できるもっとも効果的な方法の一つは、
シナジェティクスのモデル言語を習得することである。

なぜなら、シナジーはエコロジーさえも統合しているからである。

テンセグリティの自己組織化

内部がなければ、外部は存在しない。
内部と外部がない<点>は存在しない。
概念的な宇宙の出来事には、内部と外部がある。

これは、基本的な自己組織化の原理である。

テンセグリティは、
多面体の頂点や面、線が自己組織される過程で、
張力で統合された多頂点体に変換されたのである。

そして、頂点や面、線を、
さらに、内部と外部を、
多面体のように認識できないのである。

シナジェティクスの定理とエンジニアリング

「同一点を通る2つの線は存在しない」ことは、
テンセグリティモデルを製作すれば、物理的に証明できるだろう。
テンセグリティを構成するどの圧縮材の端部は、
少なくとも3本以上の張力材が交差している。

各端部において、3本以上の張力材を一つの始点から同時に引っ張ることは不可能だ。
端を発するには3つの始点(ノット)が必要だ。

ノットには、大きさがある。
これを技術的にどのように変換できるかが、
テンセグリティジョイントのエンジニアリングだ。

またジオデシックドームのジョイントも球面上にある仮想的な各頂点を
どのように変換できるかでは同じである。

実際、重くて高価なボールジョイントから構成されないジオデシックドームでは、
三角形を構成するいくつかのフレームの中心線は、
結合のために、オリジナルの数学的な原線から移動している事実に注目できる。

シナジェティクスのエンジニアリングは、
定理と物質の操作主義から生まれる。

テンセグリティ・ロゴス

ロゴスとは、ロジスティクスの論理性にある。
万物を支配する理性は
技術的には、コミュニケーション・デザインに投影できる。
ロゴスとは、思考することであり、話すことである。

思考のロジスティクスとは、
いくつの単語がそこで使われたか。
そして、他のいくつの単語でそれが置き換えられるかだ。

テンセグリティは、
高度なコミュニケーション・デザインを実現している。

テンセグリティのロジスティクスとは、
いくつの張力という統合材がそこで使われたか。
そして、それによって他のいくつの圧縮部材が排除されたかだ。
ただし、構造の強度や機能を劣化させないで。

この現実化を思考のロジスティクスで言い換えれば、
「構造の安定化とは、不動を意味しない。
万物は安定するために互いに非接触のまま振動する。あるいは回転する。」YK

実際、高速度カメラでテンセグリティの外力分散機能を観察すれば、
局所的な振動は瞬時に球面を周回(回転)しているのがわかる。
津波が、閉じた球面上をジェット機の速度で伝播するように。