月別アーカイブ: 2009年11月

シナジェティクスの思考

数学や物理学の難解さに挑戦する科学者はますます増える。

つねに非論理的に発見された原理は、論理的にしか説明できない。
原理が単純で論理的だからだ。

テンセグリティはもっとも単純な原理の一つだ。
しかし、この原理が発見されるまでギリシアの幾何学から25世紀間もかかった理由を
論理的には説明できない。

シナジェティクスも難解なテーマに挑戦するのではなく
新しいテーマを発見するための
もっとも単純な科学的思考をもたらす21世紀のメタフィジックスだ。

シナジェティクスは
「複雑な現象を複雑なまま理解しようとする思考」から
「複雑な現象を単純な原理の複合から理解しようとする思考」への
非線形的単純系サイエンスだ。

このことは1927年からシナジェティクスが発見した原理の履歴からも
論理的に定義される。

テンセグリティ・モデルーー張力への誤謬

宇宙で起こることは、モデルでも起こる。
シナジェティクス・モデルは純粋な統合作用を再現できる。

しかし、
テンセグリティモデルは、細胞のように顕微鏡では発見されなかった。

「見る」ためには、はじめに概念ありきである。
『コズモグラフィー(シナジェティクス原論)』
(白揚社 バックミンスター・フラー著 梶川泰司訳)
は、その入門書である。

テンセグリティモデルが見えなかった人類の歴史には、
明らかに、言語の牢獄化の問題がある。

圧縮(力)が縮むことではないように、
張(力)は、伸びることではない。

動くテンセグリティの再現で、張力材をゴムに置き換えることに
すでに言語の牢獄化が存在する。

振動しない物質は存在しないように
テンセグリティの振動は、統合作用の表れである。

シナジェティクスの方法

賢明なデザイナーは、
自然を模倣してきたが、
自然は自らの複製のためにデザイナーを募集しない。

デザインは形態ではない。
デザインは色彩ではない。
デザインは、先験的なデザインを発見する方法だ。

重さのない富は不可視だから。
そして、
発見する方法よりも富の方がつねに多い

テンセグリティ・シェルター

パイロットになりたがっている人間は
もはや鳥を観察しないように、
美しい商品を作りたがっている人間は
なにもデザインしないだろう。

テンセグリティ・シェルターは美しい商品ではない。
生存のための道具だ。
分解型のバイダルカのように、
世界の沿岸部から内陸に分け入ることができる。

新しい道具には、
あたらしい理論が必要だ。

それゆえに、
テンセグリティ・シェルターのデザインに、
デザインサイエンスとシナジェティクスの
境界線は存在しない。

デザインサイエンスとは何か

デザインサイエンスは、
「デザインという人間の創造的行為を理論的に説明する」ような
疑似科学性を装った自惚れたアブノックスではない。

「複数の原理を相互に調整し秩序づける行為を私はデザインと呼ぶ」 RBF 1975

自然のデザインの超越性を学ぶメタフィジックスから
生まれたデザインサイエンスは、
他の有機体生命を犠牲にすることなく、
シントロピックに保護する「可能な構造」に
変換するための絶えざる原理の発見と、
より少ない物質と時間とエネルギーによって
具現化するためのテクノロジーの統合を目指している。

シナジェティクスモデルは、
すべて「可能な構造」に変換された原理群である。
「可能な構造」こそ、もっとも抽象化された物質だ。
92種の有限な元素のように。

新たなシナジェティクス原理が発見されない
デザインサイエンスは存在しない。

デザインサイエンスの先見性と定義は、
1927年に始まるエフェメラリゼーションによって、
より加速度的に確認されている。

☆参照
『クリティカル・パス』バックミンスター・フラー著 梶川泰司 訳
(白揚社 2007)第6章 ワールドゲーム

『宇宙エコロジー  バックミンスター・フラーの直観と美 』
バックミンスター・フラー+梶川泰司 著(美術出版社 2004)