Home > コスモグラフィー | シナジェティクス | 予測的デザインサイエンス > 広大無辺に拡がった虚無という企て

広大無辺に拡がった虚無という企て

貨幣経済学が、自然資本(海による膨大な二酸化炭素の吸収力や酸素や水など)と
自然エネルギーを貨幣価値に換算しようとしないのは、
宇宙とは広大無辺に拡がった虚無ではなく、
統合されたテクノロジーの集積であるという現実を隠蔽したいからだろう。

さらに、GNPの公的部門から外的コスト(公害対策費など)をすべて隠蔽する行為も、
1980年代から贈与経済学を完全に隠蔽してきたのも同じ動機だ。

シントロピーは、
広大無辺に拡がった虚無という人類の企てを無価値にする
非人格的な宇宙のテクノロジーである。

Home > コスモグラフィー | シナジェティクス | 予測的デザインサイエンス > 広大無辺に拡がった虚無という企て

Search
Feeds
Meta

Return to page top