コスモグラフィー」カテゴリーアーカイブ

銀河新年2018 シナジェティクス研究所の教材 販売開始

シナジェティクス・モデル言語の生成
シナジェティクス・モデリングには
未だ解釈不能なシナジェティクスのモデル言語が潜んでいる。

シナジェティクスにおけるモデル言語の生成は
そのモデル言語と関連する概念を発見する行為そのものである。

ーーーーー最初に顕微鏡で細胞を観察した科学者が
細胞を発見できなかったのは
顕微鏡の対物レンズの性能ではなく
細胞という概念と言語が生成されていない限り
細胞そのものが見えなかったのである。

シナジェティクスが
そのモデル言語の解釈とその生成方法との境界線をつねに曖昧にするのは
顕微鏡のような探査ツールとしてのシナジェティクスモデルが
認識を拡張するだけではなく
新たなシナジェティクスモデルを発見することによって
認識方法自体を破棄してきたからである。

時として、それらは一つのシナジェティクスモデルによって
概念の拡張とその概念の破壊を繰り返すことさえ可能である。

☆720度全方位の概念を最初にモデル化したシナジェティクス教材


https://www.tensegrity.jp/

革命(revolution)は19世紀的な言語

革命(revolution)=re(逆らって)+volvere(回転する)
単なる逆回転なら、同じ軌道上に留まるだろう。

発明や人為的なエンジニアリングによるアーティファクトの革命とは、
社会的な現状を支える政治経済の強い流れに逆らう行為ではなく、
社会的な現状とは別に実在する「現実の泉」に到達する行為である。

革命は、テトラヒリックスのように見えない回転軸(‎Axis of rotation)と
異なった3種の螺旋軌道(helical path)を生成する。
それらの軌道は互いに三角形化されるのである。

プレアデス星団の軌跡

プレアデス星団が、太陽から離れて、<暁の東の地平>に見える時、
金星よりも明るく輝いていることにはじめて気づいた。

120個ほどの恒星と青白い星間ガスの集合からなる銀河星団は
銀河系の円盤ディスク領域に位置しながら、同時的に非同時的に
それらすべての星が相互に関連しながら同一方向に同一速度で動く星の軌跡を
<暁の東の地平>からどのように思い描くことができるのだろうか。

天体と宇宙全体を研究する物理学(uranology)は、
内部からの軸回転で生まれるある軌跡を
その回転軸から離脱して外部から観察するテクノロジーである。

コスモグラフィー(Cosmography)における
シナジェティクスモデル(例えばベクトル平衡体)の回転・変換運動の記述方法も
物理学(uranology)と同じように内部と外部からの2通りある。

シナジェティクスの方法


シナジェティクスは本の中から発見できない。
それは編集された知性と経験が蓄積されただけだ。


シナジェティクスは観察から発見できない。
観察とは観察する方法(ある種のアプリ)からみた過去のリアリティにすぎない。


読むことでモデル言語は再生できない。
モデリングによってモデル言語が再現されるとは限らない。


宇宙の先験的な知であるシナジェティクスの発見は、自己放棄と、
瞑想とも異なる内部と外部を統合する方法によってやってくる。
このシナジェティクスの方法はモデリング可能だ。

動的なベクトル平衡体と最短距離(再考)

地球から火星に宇宙船が移動する軌道が3次元曲線になるように
静的なベクトル平衡体(Jitterbug)の外接球面上の頂点から
収縮・拡大する動的なベクトル平衡体の外接球面上の
頂点へと連続する軌道も螺旋状の3次元曲線として考察できる。

それらはつねに最短距離である。
しかし、イデオロギーに関わらず政治経済システムが扱う最短距離は
つねに直線として考察されてきた。

未知(unknown)の領域から

シナジェティクスに関して
バックミンスター・フラーがほとんど考えたので
シナジェティクスに関して新しいことは、
ほとんど誰も考えられないのだというタイプが
シナジェティクスを教育する情況が生まれた。

シナジェティクスは
バックミンスター・フラーの思考領域の拡張からでもなく
彼が考えなかった領域に挑戦することでもない。

シナジェティクスは
つねに未知(unknown)の領域からやって来る
信号(beep)の解読から始まる。

自然を形態(form)だけから模倣できないように
未知は、自然に含まれている階層構造が存在する。

シナジーが自然を誘発する現実を
シナジェティクスは、次々と視覚化できる。

不連続の連続という概念について

構造の完全性の状態に到達するために、
無生物であるテンセグリティが
構造とパターンを自ら変容する場合、
張力の連続性が起因しているはずである。

<不連続の連続>の概念を量子力学では視覚化できなかったが、
テンセグリティは、モデル言語を生成する概念モデルだけではなく
<不連続の連続>のに関わる構造とパターンをはじめて視覚化したのである。

バックミンスター・フラーは、テンセグリティを発見した後に、
<不連続の連続>の概念を形成したのではないが
不連続の連続を現実化する構造とパターンが、
外力の連続的な分散機能を形成する重要な事実は、
テンセグリティモデルの発見によってもたらされたという視点こそ
テンセグリティの歴史的な誕生なのである。

1988年、私は当時のバックミンスター・フラー研究所のクロノファイルから
その起源を確認した。
同時に、そのクロノファイルからテンセグリティの歴史的な概念の誕生に、
ケネス・スネルソンはまったく関与できていないことも証明できる。

クロノファイルからのバックミンスター・フラー研究は、
21世紀の先進的な<構造とパターン>学にとって尽きない課題になっている。

主観的エコロジー

エコロジーの起源は、ダーウィン一派の適者生存説を推進していた動物分類学の権威ヘッケルにより、生物学の一専門分野として創設されたにすぎない。

科学で偽装したエコロジーは先験的主観性が決定的に不足している。

人類にとって、主観的エコロジーとは、
水、食料、エネルギー、住居の4つの要素からなる
他人を犠牲にしないテクノロジーの総体である。

最小限の方向舵(trimtab)

自分自身の経験に基づいて判断された真実に
最も鋭敏な直観のみで反応していくにしたがって
モバイルシェルターを所有(あるいは設計・制作)し、
天頂部までの星空を見ながら生活することが
その直観的な意識をより拡大する
もっとも効果的な最小限の方向舵(trimtab)であることに気づくだろう。

私の場合は、その気づきはシナジェティクスへの序章だった。

独自で自律したシナジェティクスの研究には
キッチン+バス・トイレのあるモバイル・シェルターはもっとも有用だ。
不要な生存条件を削ぎ落とした内部空間は、
野生の思考を始動させる宇宙と自己とを媒介するための
最初の環境制御装置なのだ。

自然の構造

自然の構造は、
それ自体を通過するエネルギーによって
構造の強度と剛性をより増加させる機能を自動的に形成する。

権力構造もまた、
権力自体の行使によって構造自体を強化し
自然の構造の永続性を模倣しようとするが
権力者の意志と目的が生む放射エネルギーが
つねに介在することで
非・自然として存続する。