Home > デザインサイエンス講座

デザインサイエンス講座 Archive

シナジェティクスと概念

形態美を可視化しただけのテンセグリティは
繊細で変形しやすく、壊れやすく
それゆえに局所的である。

真のテンセグリティモデルは
張力材の破断を怖れない概念を包括している。

バックミンスター・フラーは
概念の構築過程からテンセグリティを発見している。

圧縮力と張力における
非鏡像的で相補的な<構造とパターン>の20年間におよぶ探査から
ついに真の<構造システム>を発見したのである。

それゆでに、テンセグリティは
最長の懐胎期間を必要とするのかもしれない。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ホーム > デザインサイエンス講座

Search
Feeds
Meta

Return to page top