予測的デザインサイエンス」カテゴリーアーカイブ

自然選択と宇宙選択の違い

一九六九年からはじまったJ・ラヴロックによるガイア思想は、科学的仮説から脱してエコロジー概念を包括的に拡張しバイオスフィアに最適な物理化学環境を形成するフィードバック・システムを実証してきた。
ガイア思想はギリシャ神話の母なる大地の女神(Gaia)を語源とし、まだ人格神への郷愁を漂わせているがゆえに、一九六〇年代以後、エコロジー運動で偽装したマルサス主義者たちは、人口増加と枯渇する天然資源とをエコ神学的黙示へと還元するために、より神秘的に変容させたガイア理論で説明したがっている。

しかし、マルサス派の深刻な予測に反して二十世紀の食物生産は人口増大に伴う需要と同じかそれを上まわっていた。

……世界全体でみると栄養摂取不足の子どもの八十パーセントはこうした農業製品過剰国〔インドなど〕(=食料輸出国)に住んでいる。生態系の混乱と惑星破壊の原動力をアジアやアフリカでの人口爆発に求める有神論的エコロジーは北半球の工業先進国でもっとも支持されている。

資源とエネルギー、食料に関する不足は二十一世紀においても政治的なプロパガンダに過ぎない。それは、冷戦後にも存続する強固な〈すり込み〉のひとつである。


『宇宙エコロジー』バックミンスター・フラー+梶川泰司 著
「もうひとつの現実―〈ダーウィン自然選択〉から〈フラー宇宙選択〉へ」p. 302

主観的エコロジー

エコロジーの起源は、ダーウィン一派の適者生存説を推進していた動物分類学の権威ヘッケルにより、生物学の一専門分野として創設されたにすぎない。

科学で偽装したエコロジーは先験的主観性が決定的に不足している。

人類にとって、主観的エコロジーとは、
水、食料、エネルギー、住居の4つの要素からなる
他人を犠牲にしないテクノロジーの総体である。

再考)住宅の空間機能について

住宅の空間機能は人間の意識を
矯正する空間になるばかりか
精神病を発現させる可能性が高い。

仮設住宅でその隠れた機能は
短期間に、そして
最大限に現実化する。

本来の空間機能は
物事の在り方に気づき、同時に自己との関わりを向上させる。

自分の住み家を、自分で作り出し
自分で管理し、修理できない哺乳類は
人類だけである。
住み家制作を専門分化し、その所有のみに従事したのは
怠惰に矯正された結果である。

これまでの住宅の空間機能に
エネルギーと食糧、そして水の包括的な再生装置が
まだ組み込まれていないのは、
意識的な進化を自負する哺乳類としては、もっとも不完全で
不健全である。

システムの優位性とは何か

モバイル・テンセグリティの現実的な居住空間に関して、
都市での労働や健康という概念、コストと耐久性との対比、
国家が定義する耐震性、
そして食料とエネルギーを貨幣で買う経済システムの優位性を放棄しなければならない。

銀河系での惑星地球システムの希有な優位性と
バイオシェルター内部での
植物の光合成によるエネルギー経済が忘れられているかぎり。

広大無辺に拡がった虚無という企て

貨幣経済学が、自然資本(海による膨大な二酸化炭素の吸収力や酸素や水など)と
自然エネルギーを貨幣価値に換算しようとしないのは、
宇宙とは広大無辺に拡がった虚無ではなく、
統合されたテクノロジーの集積であるという現実を隠蔽したいからだろう。

さらに、GNPの公的部門から外的コスト(公害対策費など)をすべて隠蔽する行為も、
1980年代から贈与経済学を完全に隠蔽してきたのも同じ動機だ。

シントロピーは、
広大無辺に拡がった虚無という人類の企てを無価値にする
非人格的な宇宙のテクノロジーである。