月別アーカイブ: 2010年3月

ネクスト・エッシャー「超遠近法」について その3 「退屈な上昇と下降」は「上昇と下降」に変換できる

エッシャーは対称性の概念を芸術に導入した20世紀を代表する作家である。
彼が表裏の概念を対象化したのは「メビウスの輪」からであった。
しかし、彼は版画芸術家であり、作品を紙の表裏に印刷することはしなかった。

シナジェティクスに2次元は存在しない。
人間が厚みをほとんど無視できる最小限の表裏とは、
スピンする原子の回転軸の南北の距離である。
さらにPCのデスクトップ上の映像はこの最小限の厚みからも解放される。

光の陰影にもはや表裏は存在しない。

Next Escher 超遠近法で解くエッシャーの秘密3

Next Escher 超遠近法で解くエッシャーの秘密3

★上記画像をクリックするとアニメションが表示されます。

[解説]エッシャー作品自体からエッシャーの気づいていない遠近法が発見された。
私は結晶学的な3つの操作「並進」「回転」「鏡像反転」を組み合わせた
「超遠近法」という概念と技法を発見した。
『滝』や『物見の塔』などの作品に対して超遠近法の操作を行うことで,
不可能な構造を可能な構造へと転換することができる。

参照 日経サイエンス 2007年1月号
[超遠近法で解くエッシャーの秘密]
梶川泰司
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0701/escher.html

ネクスト・エッシャー「超遠近法」について その2「一瞬の滝」は「滝」に変換できる。

Next Escher 超遠近法で解くエッシャーの秘密2

Next Escher 超遠近法で解くエッシャーの秘密2

★上記画像をクリックするとアニメションが表示されます。

[解説]エッシャー作品自体からエッシャーの気づいていない遠近法が発見された。
私は結晶学的な3つの操作「並進」「回転」「鏡像反転」を組み合わせた
「超遠近法」という概念と技法を発見した。
『滝』や『物見の塔』などの作品に対して超遠近法の操作を行うことで,
不可能な構造を可能な構造へと転換することができる。

参照 日経サイエンス 2007年1月号
[超遠近法で解くエッシャーの秘密]
梶川泰司
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0701/escher.html

ネクスト・エッシャー「超遠近法」について その1「不思議のない物見の塔」は「物見の塔」に変換できる。

エッシャーの作品を「だまし絵」で分類する概念は古い。

彼がだましているのは、絵の鑑賞者ではなく、
認識を制御する脳のシステムだからである。

エッシャー作品自体からエッシャーの気づいていない遠近法が発見された。
表裏をフリップする画像処理のテクノロジーは
エッシャーの時代には存在しなかったからかもしれないが、
エッシャー自身はこの超遠近法から「物見の塔」の
「構造の不可能性」を編み出さなかった。

厚みのない表裏には見えない回転軸がある。
不可能性は表裏という可能性のハイブリッドだ。
そして、2次元という脳が生成する人為的な概念こそが
不可能性のエンジンである。
それは科学的な方法論として一般化できる。

Next Escher 超遠近法で解くエッシャーの秘密1

Next Escher 超遠近法で解くエッシャーの秘密1

★上記画像をクリックするとアニメションが表示されます。

[解説]エッシャー作品自体からエッシャーの気づいていない遠近法が発見された。
私は結晶学的な3つの操作「並進」「回転」「鏡像反転」を組み合わせた
「超遠近法」という概念と技法を発見した。
『滝』や『物見の塔』などの作品に対して超遠近法の操作を行うことで,
不可能な構造を可能な構造へと転換することができる。

参照 日経サイエンス 2007年1月号
[超遠近法で解くエッシャーの秘密]
梶川泰司
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0701/escher.html

関係のテンセグリティ化

4つの出来事の間には6個の関係がある。
中心を含めた5つの出来事に間には
10個の関係がある。
これらは4面体状(4vertexia)のテンセグリティ構造を形成する。

こうしてシナジェティクス研究所の基本機能の動的な相互作用は
デザインされた。
この機能は今後100年間モデルチェンジしないだろう。
http://synergetics.jp/3Dmenu_top.swf

クロノファイル

私はこれまで千個以上のシナジェティクスモデルを再現してきた。
そのためには1万日以上の思考実験を日課としてきた。

バックミンスター・フラーは1975年に『シナジェティクス1』を、
1979年『シナジェティクス2』を表した。
私が1983年までに再現したいくつかのモデルは、バックミンスター・フラーの半世紀間の
思考実験とは異なっていた。
それは彼が私と共同研究した理由である。
そして、それ以後の彼以外のシナジェティクスモデルは
すべて『シナジェティクス3』に含まれる計画があった。
しかし、彼の突然の死によってそれは途絶えてしまった。
『コスモグラフィー』(白揚社2007)と『シナジェティクス3』は異なっている。

『シナジェティクス3』(仮題)は2010年の夏から定期的に出版される予定である。
『シナジェティクス3』はフラーの死後から現在までの
27年間のクロノファイルから編集される。

デザインサイエンティスト
梶川泰司