月別アーカイブ: 2012年1月

シナジー vs 動的平衡

生物学が<動的平衡>の概念を発見するはるか前、
そして1944年にシナジェティクスが
<ベクトル平衡体モデル>を発見する以前の1927年、
既にバックミンスター・フラーは
圧縮材が不連続であるテンセグリティモデルを発見していた。

<動的平衡>の概念は
複数のシナジェティクスモデルに変換されてきた。

シナジェティクスでは
<動的平衡>を形成するすべての作用を
<シナジー>と呼ぶ。

☆Fig. 465.03 Rotation of Four Axes of Vector Equilibrium: Articulation of Eight Triangular Faces.
by SYNERGETICS 1975, RBF

Dymaxionの語源

ダイマクションバスルーム、
ダイマクションハウス、
ダイマクションカー、
ダイマクションマップの”Dymaxion” は
DY (dynamic), MAX (maximum), and ION (tension)という3つの概念から形成された。

張力を物質または構造の表面に移動させることの有利さは”Dymaxion” 理論を
高度に単純化しかつ物質化したテンセグリティ理論にもある。

テンセグリティは、バックミンスター・フラーの1927年の4Dハウスを源流とする
“Dymaxion”の発明史の最後に位置する。

蝿の目(Fly’s Eyes)

☆バックミンスター・フラーのフライズ・アイズ

蝿の目は、三角形化を採用していないので、未だ自律的構造ではない。

その形態のパターンを拡大しても人間は内部空間を利用できない。

自然の形態を模倣する行為は、デザインサイエンスではない。
デザインサイエンスは、自然界に潜む純粋な構造とパターンに関する
シナジェティクス原理の発見に根ざしている。

Fly’s Eyes have no structure

Fly’s Eyes

続)ネクスト・エデンドーム

デザインサイエンスは構造とパターンの原理と
他の物理学的な原理とを調整するだけではない。

シナジェティクス原理の新たな発見に遭遇するための
コスモグラフィックな探究心に燃えた峻烈な試みでもある。

原理の発見は必ず訪れる。
次に、優れた発明への変換は遅れてやってくる。

しかし、それが生存のために不可欠であればあるほど、
その物質化はもっとも遅れてやってくる。  梶川泰司