日別アーカイブ: 2014/03/10

基礎と足場のない構造

真の構造は
まぎれもなく
非同時的な出来事における
物理的な相互関係から形成されている。

物理学において
非鏡像的で相補的な相互作用の全体象は
第2次世界大戦後に形成されている。

それから60年以上も経過するが
テンセグリティの革命的な概念形成の歴史を
バックミンスター・フラー以外に省察していない。

テンセグリティはもっとも反建築的であるのは
基礎部を必要としないからだ。
そして
足場も必要としない。

自然の構造の形成には<基礎>も<足場>も存在しないからだ。