日別アーカイブ: 2008/06/13

相補性モデル

テンセグリティという構造の形態から、
閉じた有限のシステムを包括する連続的な張力機能であり、
不連続な圧縮材の局所的な圧縮機能ではないという構造原理を学ぶことができる。
張力と圧縮力という非鏡像的な関係が相補的に存在する。

部分から全体は予測できないが、
全体が最初に与えられた場合、どの部分の機能も予測できない。

しかし、この相補性を物質に置換したテンセグリティは
稀有な原子核モデルである。