日別アーカイブ: 2009/06/18

概念の牢獄

燃料電池は、電気化学反応によって電気を取り出す純粋な電池システムである。
つまり、使用する電解質は燃焼とは無関係であるが、
燃料という炎を伴う酸化作用の概念は、
なぜかシステムの名前に生き残っている。

同様に、核燃料もウランやトリウムの燃焼ではない。
原子核分裂の過程においてエネルギーを放出する物質に酸化作用は存在しない。

こうした間違った概念は、
建造物を固体的に設計し、重力を大地に流す危険な習慣に似ているだろう。
(非固体的なテンセグリティシステムには基礎部が存在しない)

構造物を石から作る歴史は、数万年も続いてきたが
炎を生活のエネルギーとして使う歴史はさらに古い。

(それゆえに、政治的な炭素排出権では、これらの概念を是正できないだろう。)